今日は1月7日、人日の節句。

七草粥を食べる日です。

 

 

 

1月7日にいただく「七草がゆ」

 

本来は1月7日の朝に食べるとされている、七草がゆ。

我が家は、今朝、夫が不在だったため、夕飯にみんなでいただきます。

 

七草がゆは、「無病息災を願う」「お正月に弱った胃を休める」と言われていますね。

 

「ほんまなんかな?」と思ったので、お正月にいただくお節と対比させて考えてみたいと思います。

 

 

「お節」と「七草がゆ」

 

お節の食材は植物性のものが多いですが、実は、中医学的には気血を増やすと言われています。

調理法を見てみると「じっくり煮詰める」ものが多いですよね。

この調理法が、気血を増やす調理法なんです。

なので、お正月はお節がメインになるので、気血が増えすぎてしまうことがあります。

 

一方、七草がゆはというと、七草にはデトックス作用が強いものが多く含まれています。

極端に食べすぎると、下痢や嘔吐を引き起こすこともあるそうです。

ここまで書いたらお分かりかもしれませんが、そう、お節で増えすぎた気血を七草がゆで減らし、バランスを整える目的があるんですね。

これが先述した、七草がゆは、「無病息災を願う」「胃を休める」ということにつながるのだろうと思います。

 

要は、七草がゆを食べればよいってものではないということ。

食べすぎ→気血増えすぎ→養生の必要がある!→七草がゆでデトックス→バランス整う

という、ストーリーが必要なんですね。

なので、お正月にお節(だけに限りませんが)を食べ過ぎていなければ、七草がゆを無理に食べなくてもよいというわけです。

 

 

奥が深い中国医学

 

このように、中国医学では、材料(原料)の性質だけを見るのではなく、その材料をどのように調理するか、使っていくかを考えるもの重要な視点になります。

 

これは、私が今学んでいる中医学的芳香療法も同じ。

精油(アロマ)の性質だけで使い分けるのではなく、どのように香りを取り入れるのかを考えていきます。

 

さらにこれは、漢方薬でも同じなんですね。

病名や症状から、薬理作用だけを見て漢方薬を選ぶのではなく、どのタイミングでどのように使うかが重要になってきます。

もちろん、診断ありきです。

 

今日は食養生について書いてみました。

みなさんのご参考になれば嬉しいです。

 

 

そんなちょっと奥が深い、中国医学について学べる機会があります!!

どちらも講師は、 ➡ 中国医学協会代表 中医師 今中健二先生

今中先生は、黄帝内経を研究し、日本でも珍しい中医師になられた先生です。

 

 

まずはこちら!!

➡ 中国医学協会会長・今中健二先生 ×  ➡ 奈良ママQOL向上委員会

コラボ講座開催!!

対面&オンライン同時開催です!!

全3回講座のうち、いよいよ最後の講座です。

ぜひ、ご参加ください♪

🔻🔻🔻

 ➡ 詳細はこちら!!

 

 

そして、薬剤師&登録販売者向けのセミナーがこちら!!

薬剤師&登録販売者のための中国医学って何?セミナー

 

こちらのセミナー、なんと!!紹介にてご参加の方は無料でご参加いただけます!!

私からの紹介の場合も無料で参加できますので、お申し込み時に私の名前「中本のりこ」とご記入ください♪

(その際、こちらにもご一報いただけると助かります)

 

セミナー詳細はこちらからご覧ください!!

🔻🔻🔻

 

 

 

アロマサロン~結~【ゆう】
 
ボチボチ投稿中♪
お友達申請は、メッセージいただけるとありがたいです♪
↓↓↓
 
 
 
 
講座・イベント情報配信中♪ お得な情報も時々配信♡
↓↓↓

 
 
 
 
七草がゆの無病息災、ほんまなん?
Pocket