いつもご訪問ありがとうございます

アロマでもっと子育てを楽に♪という想いで

心や身体のケアに役立つアロマテラピーをお伝えしています

 

アロマサロン~結~【ゆう】

アロマ薬剤師 中本のりこです

 

 

 

今日は、朝から祖母の入居する、グループホーム施設へ。

 

ずっと祖母は大阪に住んでいたのですが、昨夏から奈良の私の実家で暮らすことになりました。

 

住み慣れた大阪を離れるのはかわいそうに思ったけど、当時祖母も88歳。

 

物忘れがひどくなり、そうも言ってられなくなったのです。

 

 

今年に入ってから体調が不安定で、車いすが必要なことがあり、この春、バリアフリー対応のグループホームへ入所することになりました。

 

病院で精査し、現在は症状を薬でコントロールしている状況です。

 

一時期は、残り少ない人生をずっと痛みが伴う毎日だったら、どうしてあげたらいいんだろう、と不安もありましたが、現在は杖がなくても歩けるほど元気に過ごしています。

 

 

祖母は、祖父が亡くなったあともずっと1人で大阪に住んでいました。

 

その間は、母が週に2回ほど、面倒をみに通っていました。

 

事実上、母が1人で祖母の面倒をみていたので、母の代わりに駆けつけることが難しい「大阪」という距離に、もどかしさを感じていました。

 

私だったら近くに住んでいるなら、もっと会いに行くのにって、ずっと思っていました。

 

今は、すぐに顔を見に行ける距離になったので、私としても安心感があります。

 

今春から次男が小学校に入ったこともあり、私もまとまった時間が取りやすくなったこともあると思いますが、隙間時間に施設を訪ねています。

 

 

今日も、小学校が短縮校時だったのでほんの一瞬でしたが色々な話をしました。

 

子ども(祖母にとったらひ孫)のこと、台風のこと、ミシン(祖母はミシンの仕事をしていた)のこと…

 

89歳の祖母。

 

きっと今日、私が会いに行ったことも、何をしゃべったかということも、私が帰ったらすぐに忘れてしまっていると思います。

 

ただ、時々私が会いに来る、ということは、感覚的には覚えてくれているようです。

 

そうやって、私は少しでも祖母の記憶の中に居たいのです。

 

忘れてしまうならなおさら、記憶の中に入り込みたいのです。

 

自己満足かもしれないけれど、もっと会いに行けばよかった…と、後悔したくないのです。

 

 

帰り際、施設の担当員さんが教えてくださったのですが、今日は昼から「傾聴ボランティア」の方が来られて、祖母の話を聞いて下さるとのことでした。

 

そんなサービスがあるんだ!と、私は初めて知ったのですが、「どんな人でも話を聞いてほしい人のため」の傾聴だそうです。

 

➡ 参考サイト

 

誰だって話すとスッキリするし、話を聞いてもらいたい時ってありますよね。

 

私たちの日常では人と話すことがほぼ当たり前ですが、話し相手の少ない高齢者の方にとっては必要なサービスだと思いました。

 

地域の人がワイワイ集まってしゃべれるサークルを作りたいと、ずっと思っているのですが、やっぱ必要やなと、再認識。

 

さらに、しゃべるだけでなく、身体のことや子育てのことが相談できる場があったらいいですよね。

 

実は、先日、そんなお話を聞いて、強く共感したところなんです。

 

今はまだうまく伝えられませんが、近日中にそんなお話をさせて頂けたらと思います。

 

 

 

さー、明日は終業式…

そして、明後日から夏休み…

どんな風に過ごそうかな(笑)

 

アロマサロン~結~【ゆう】
 
最新情報♪
ぜひチェックしてね♪
↓↓↓
最新情報はこちら!!
 
 
 
 
講座・イベント情報配信中♪
お得な情報も時々配信♡
↓↓↓
LINE公式アカウントはこちら!!
 
 
 
 
 
祖母のこと
Pocket